ようこそ! 「無添加化粧品ナビ」へ
ポータルトップ >  無添加化粧品の添加物  > 植物由来成分とは?


植物由来成分とは?

いわゆる無添加化粧品の中で、
「植物由来成分配合」
というフレーズが目立ちます。
植物由来だと、どんなメリットがあるのでしょうか

最近の流れとして、安全性を考慮して合成成分より
天然成分が好まれる傾向があること、
植物の香りなどで癒し効果などを期待できること、
またBSE(狂牛病)の影響で牛由来成分の使用を避けたことも
大きいです。

無添加化粧品で植物由来成分がよく使われる例として、

*油脂類:オリーブオイル、ホホバオイル等の植物油脂
→鉱物油などを避けるため

*香料:エッセンシャルオイル等
→石油系などの合成香料を避けるため

*着色料:ベニバナ、クチナシ、シコン等の色素
→タール系色素を避けるため

*保湿成分:植物性グリセリン、大豆イソフラボン、植物性ヒアルロン酸等
→合成ポリマーや石油系合成界面活性剤等を避けるため

*防腐剤:ローズマリーエキス、ヒノキチオール等
→パラベン、フェノキシエタノール等合成防腐剤を避けるため


かなり色々な役割で植物由来成分が使われていますが、
「植物だから安全」と一言で言えない場合もあります。
特定の植物のアレルギー体質や、かぶれなどが主なケースです。
また、植物由来の防腐剤はパラベン等に比べ効果が弱いため、
製品の保管方法や使用期限に気を配る必要があるものも。

なお、加水分解ダイズタンパク等は一見すると天然成分の
イメージを持ちますが、実はこれらは合成界面活性剤です。
これで無添加化粧品をアピールするメーカーは
「石油系合成界面活性剤不使用」と表記できるのです。

また、「植物だけが天然成分」と思いがちですが、動物性成分や、
天然鉱物色素等にも安全な成分は沢山あります。
サメ由来のスクワランや馬油、酸化鉄などの色素等が有名ですね。

無添加化粧品メーカーのPRや各メディアで、ある種の植物信仰的なものが
広まっているのも確かです。
もっと、色々な天然成分にも広く目を向けてみるのも良いでしょう。


▼▼ 全商品が、パラベンフリー・無香料・無着色・無鉱物油・アルコールフリーで安心! ▼▼