ようこそ! 「無添加化粧品ナビ」へ
ポータルトップ >  無添加化粧品の添加物  > 合成ポリマーとは?


合成ポリマーとは?

無添加化粧品などの「合成ポリマー不使用」という表示。
添加物で一般的に認知度が低めの、この合成ポリマーとは一体
何のための成分なのでしょうか?

単純に言うと、
「肌に膜を張るための成分」です。

石油などを原料とし、高分子の樹脂として合成されたもので、
変質しない特性があり、成分として安定していることや、コストを
抑えられる利点もあります。
化粧品には乳化剤としてや、感触をなめらかにしたり、肌から水分を
逃さないようにする用途で使われます。
無添加化粧品には配合量を抑えたものが多いようですが、
乳液やクリーム、ヘアケア製品に特に多く使われています。

一見良さげにもに聞こえますが、実はこれにより肌をふさいで
肌本来の機能・リズムを阻害してしまいます。
「肌がツルツルになった」「肌の感触がなめらかになった」
というのは実は合成ポリマーが膜を張っているだけなのです。


また肌に乗せた合成ポリマーは肌が持つ常在菌などでは自然に
分解できず、落とすにはその合成ポリマーに見合った洗浄力の
合成界面活性剤などを使って落とす必要が出てきます。

この合成ポリマーと合成界面活性剤のペアはつまり、
皮膜で肌なめらか気分→強い洗浄料で落とす→
肌バリアが壊れる→皮膜で肌なめらか気分

のような循環を作ってしまいます。
合成ポリマーの感触の良さで、肌のバリアが荒れたり肌機能が
阻害されている実感がないまま使い続けることになりがちです。
シャンプー、リンスなど髪にも同じことが言えるでしょう。

化粧品の成分欄で確認できる合成ポリマーの名称には、
PEG及びPEG-○○(数字)、PPG-○○(数字)、○○コポリマー、
セルロース、ジメチコン類などです。
数字やカタカナの羅列が多いので見づらいと思いますが、
上記の名称がついているものは合成ポリマーと考えてよいでしょう。

ちなみに、無添加化粧品ではおなじみのヒアルロン酸、
コラーゲンなどは天然のポリマーです。


▼▼ 全商品が、パラベンフリー・無香料・無着色・無鉱物油・アルコールフリーで安心! ▼▼