ようこそ! 「無添加化粧品ナビ」へ
ポータルトップ >  無添加化粧品の添加物  > 合成界面活性剤とは?


合成界面活性剤とは?

無添加化粧品の表示で、
「合成界面活性剤不使用」
「石油系界面活性剤不使用」
というフレーズを使っている製品があります。

界面活性=水と油を混ぜる、いわゆる「乳化」と呼ばれる
作用です。
例えば食器を洗う際、洗剤で水と油を乳化させますね。
同じ原理で化粧品の水分と油脂を混ぜる役割をしています。
乳化剤としての役割の他に、肌表面のバリアの皮脂を通過し、
化粧品の有効とされる成分を肌の内部に送る、「浸透剤」としての
用途などもあり、無添加化粧品・一般の化粧品を始め、
シャンプー、歯磨き粉等非常に広く使用されています。

合成界面活性剤には「石油系」「タンパク質原料系」などの種類があり、
乳化力もそれぞれ違います。
合成、石油系には洗浄力、乳化力が強いものが多く、石けんも
合成界面活性剤に分類されますが、作用の弱い種類です。
「台所洗剤を液体石けんに変えたら手荒れが治まった」なんて
話も、この作用の強さの差のせいでしょう


無添加化粧品で合成界面活性剤が避けられがちなのは、
その作用で皮脂を溶かし、肌のバリアを壊してしまうことです。
洗顔料を使った後、肌に何も付けずに放置していると乾燥して
しまうのはこのためです。
その荒れたバリアを通り越して肌内部に化粧品成分を浸透させる際に、
有害な成分が配合されている場合、それらまでも肌内部へ送り込んで
しまいます。
また合成界面活性剤には体内残留説や生分解されにくいものも多く、
水質・環境への影響も懸念されます。

成分表示欄での表記の判断基準として、
「ラウリル~」「アルキル~」等の石油系合成界面活性剤は作用が
強い種類です。
「トリエタノールアミン(TEA)」等に関しては発ガン性の疑いも
あるとされますので避けたい成分です。
ちなみに「加水分解大豆タンパク」「水添レシチン」なども
一見解りにくいですが油脂系の合成界面活性剤です。
無添加化粧品などでは、作用、毒性の弱い成分を使うようにするなどの
努力がなされています。


▼▼ 全商品が、パラベンフリー・無香料・無着色・無鉱物油・アルコールフリーで安心! ▼▼