ようこそ! 「無添加化粧品ナビ」へ
ポータルトップ >  無添加化粧品の添加物  > パラベンって何?


パラベンって何?

無添加化粧品でよく見かける
「パラベン不使用」
このパラベンとは一体何なのでしょう?

パラベン類、正式名称パラオキシ安息香酸エステル類。
石油系防腐剤で化粧品に1%までの添加が可能とされている
旧表示指定成分の1つ、最も広く使われている防腐剤です。
メチル、エチル、プロピル、イソブチル、ブチルパラベン等の
種類があり、これらを組合せることで配合率を下げる使用法もあります。

広範囲に使用され、化粧品、シャンプーなどは薬事法で3年間の
品質維持の義務があるため、多種の微生物に対して強い静菌作用を持ち、
コスト性の良いパラベンがよく使われるわけです。

ただ、このパラベンが石油系防腐剤であること、発疹・アレルギー説、
環境ホルモン様作用説も存在するため、その安全性が問われています。


この「パラベン類が有毒か安全か?」という議論は長く、
諸説数多くありますが、今のところ安全性も毒性も確認されて
いないのが実情でしょう。
事実、無添加化粧品に比べて有効成分を高濃度で配合した
一般の「高機能化粧品」は腐敗しやすいため、
パラベン類の使用は不可欠な状態です。

では、無添加化粧品で「パラベン不使用」なら防腐成分は何なのか?
有名なのはフェノキシエタノール等です。
これらは旧表示指定成分ではなく、パラベン不使用と表示できるため、
いわゆる無添加化粧品によく添加される成分です。
パラベンよりも毒性は弱いとされていますが、防腐効果はパラベンより
弱いです。
また、自然志向の強い無添加化粧品メーカーではローズマリー、ヒノキ、
ワサビなどの天然エキスの防腐作用を利用する所もありますが、
保管方法に気をつけたり消費期限を設ける必要があります。

パラベンを避けるかどうかは、最終的に個人判断となるのでしょうが、
私の場合、
「良くないかも知れないなら使わないに越したことは無いかな」
といった認識でしょうか。


▼▼ 全商品が、パラベンフリー・無香料・無着色・無鉱物油・アルコールフリーで安心! ▼▼