ようこそ! 「無添加化粧品ナビ」へ
ポータルトップ >  無添加化粧品の添加物  > 化粧品に合成成分が使われる理由


化粧品に合成成分が使われる理由

無添加化粧品について考えてみると同時に、
なぜ一般的に化粧品に添加物が使われるのか、という
理由も考えてみたいと思います。

「肌に刺激になるなら使わなくてもいいじゃない?」

と考えがちですが、殆どの化粧品が科学物質を
使うのには、それなりのメリットがあるからです。
主な理由をいくつか挙げてみると、

*均一な品質のものを安価で大量に造る事ができる

化学成分には天然成分に比べて品質にバラつきがありません。
化学成分を使えば、天然成分を精製して化粧品グレードにするより
コスト面で安くつきますし、大量に生産することができます。

*品質の管理・維持がしやすい

化学成分によって酸化・腐敗などの品質劣化を防ぐことで、
長期間にわたっての保存、機能の維持が可能となります。
また、「3年以内に性状及び品質が変化するおそれのある化粧品」は
薬事法で使用期限表記の義務があるため、保存料が使われます。


*機能・肌への効果において新しい技術を使うため

いわゆる「高機能コスメ」においては、化学的に分子の大きさを
変えたり(「ナノテク」などよく聞きますね)、界面活性剤を
利用することで、有効成分を肌に浸透させるという方法が
一般的に使われています。

*香り、見た目、感触などの使用感を良くする

化粧品の香り・色素の成分も、合成香料だと天然の香料を使うより
低コスト化が可能です。
特に感触については、合成ポリマーが化粧品のなめらかさや
伸び、肌ツルツル感を出すためによく使われます。

化学成分を添加している場合でも、その安全性が確認されている
ものであれば、やたらと怖がる必要はないと思います。
無添加を謳う化粧品にも化学成分は使われていますから、
「無添加化粧品なら大丈夫」「添加物=わるいもの」と
一概に決めつけるのはナンセンスでしょう。
しかし、刺激など安全性が問われる添加物については使用を
避けたいものです。


▼▼ 全商品が、パラベンフリー・無香料・無着色・無鉱物油・アルコールフリーで安心! ▼▼