ようこそ! 「無添加化粧品ナビ」へ
ポータルトップ >  無添加化粧品の添加物  > キャリーオーバーとは?


キャリーオーバーとは?

無添加化粧品のコピーでよくある
「パラベン不使用」などの表示、きっとそのメーカーは
その製品の製造段階で保存料であるパラベンは使用して
いないのでしょう。

しかし、化粧品の添加物に関する用語で「キャリーオーバー」
というものがあります。
これを簡単に説明すると、例えば

*保存料パラベン不使用を謳う無添加化粧品メーカー(Aとします)
*Aの製品の原材料を製造しているメーカー(Bとします)

・Aは製品のもとになる原材料をBから仕入れています。
 その仕入れた材料で、パラベンを使わずに製品を造っているとします。
          ↓
・しかしBは、原材料の製造段階で保存料としてパラベンを少量添加、
 その製品をAに納入しているとします。
          ↓
・この原材料に使われたパラベンは、Aが添加したわけではないので
 Aは製品の成分欄に「パラベン」を表示する義務は発生しません。


このように、特定の添加物を不使用としている無添加化粧品でも、
仮にごく少量であっても、実は製品にその添加物が含まれている
可能性があるわけです。
もちろん化粧品は1種類の原材料だけでは出来ません。
このようなキャリーオーバーを持った原材料がいくつも使われた場合、
最終的にはある程度の量の添加物が集まってしまいます。

全成分の表示義務がある現在でも、キャリーオーバー成分は
表示しなくてもいいという特例が認められていますので、大抵のメーカーは
キャリーオーバーは表示しません。
無添加化粧品をPRしているメーカーでも、これはちょっと納得できませんね。

この対策として、
*キャリーオーバーの含まれない原材料のみを使用するよう徹底する
*キャリーオーバー成分も自主的に表示する

等の努力をしている無添加化粧品メーカーも少数ですが存在します。

化粧品を選ぶ場合、キャリーオーバーについてのメーカーの考え方を
調べるのも安全性の追求方法の1つだと思います。


▼▼ 全商品が、パラベンフリー・無香料・無着色・無鉱物油・アルコールフリーで安心! ▼▼