ようこそ! 「無添加化粧品ナビ」へ
ポータルトップ  > 無添加化粧品の添加物


無添加化粧品の添加物

化粧品に添加物が使われる理由、その種類、
そして添加物の役割などを説明しています。
お手元のコスメの成分表示欄をご覧になってみてください。

キャリーオーバーとは?

無添加化粧品のコピーでよくある 「パラベン不使用」などの表示、きっとそのメーカーは その製品の製造段階で保存料であるパラベンは使用して いないのでしょう。 しかし、化粧品の添加物に関する用語で「キャリーオーバー」 というものがあります。 これを簡単に説明すると、例えば *保存料パラベン不使用を謳う無添加化粧品メーカー(Aとします) *Aの製品の原材料を製造しているメーカー(Bとします) ・Aは製品...

植物由来成分とは?

いわゆる無添加化粧品の中で、 「植物由来成分配合」 というフレーズが目立ちます。 植物由来だと、どんなメリットがあるのでしょうか 最近の流れとして、安全性を考慮して合成成分より 天然成分が好まれる傾向があること、 植物の香りなどで癒し効果などを期待できること、 またBSE(狂牛病)の影響で牛由来成分の使用を避けたことも 大きいです。 無添加化粧品で植物由来成分がよく使われる例として、 *油脂類:オ...

合成ポリマーとは?

無添加化粧品などの「合成ポリマー不使用」という表示。 添加物で一般的に認知度が低めの、この合成ポリマーとは一体 何のための成分なのでしょうか? 単純に言うと、 「肌に膜を張るための成分」です。 石油などを原料とし、高分子の樹脂として合成されたもので、 変質しない特性があり、成分として安定していることや、コストを 抑えられる利点もあります。 化粧品には乳化剤としてや、感触をなめらかにしたり、肌から水...

合成界面活性剤とは?

無添加化粧品の表示で、 「合成界面活性剤不使用」 「石油系界面活性剤不使用」 というフレーズを使っている製品があります。 界面活性=水と油を混ぜる、いわゆる「乳化」と呼ばれる 作用です。 例えば食器を洗う際、洗剤で水と油を乳化させますね。 同じ原理で化粧品の水分と油脂を混ぜる役割をしています。 乳化剤としての役割の他に、肌表面のバリアの皮脂を通過し、 化粧品の有効とされる成分を肌の内部に送る、「浸...

タール系色素とは?

無添加化粧品で「タール系色素不使用」をよく見かけますが、 タール系色素と聞いてもいまいちピンと来ません。 実はこれ、 「青色○○号」「赤色○○号」 と表示されている着色料の全般の事です。 安く鮮やかに着色できるのでよく使われていますが、 タールはいわゆる石油や石炭。舗装工事にも使う物質。 これが原料の色素、安全性はどうでしょうか? 旧表示指定成分とされており、アレルギーや皮膚病、内臓疾患の 原因や...

パラベンって何?

無添加化粧品でよく見かける 「パラベン不使用」 このパラベンとは一体何なのでしょう? パラベン類、正式名称パラオキシ安息香酸エステル類。 石油系防腐剤で化粧品に1%までの添加が可能とされている 旧表示指定成分の1つ、最も広く使われている防腐剤です。 メチル、エチル、プロピル、イソブチル、ブチルパラベン等の 種類があり、これらを組合せることで配合率を下げる使用法もあります。 広範囲に使用され、化粧品...

化粧品の旧表示指定成分とは

無添加化粧品と呼ばれるもので、 「旧表示指定成分不使用」 という基準を設けているものが多くあります。 この旧表示指定成分とは何なのかを説明します。 1982年から2000年まで、化粧品に使用している場合、 その名称の表示が義務付けられていた102種類の成分がありました。 主に香料、保存料、合成界面活性剤、タール色素などの成分で、 当時は「表示指定成分」と呼ばれてたものです。 現在では2001年の薬...

化粧品に合成成分が使われる理由

無添加化粧品について考えてみると同時に、 なぜ一般的に化粧品に添加物が使われるのか、という 理由も考えてみたいと思います。 「肌に刺激になるなら使わなくてもいいじゃない?」 と考えがちですが、殆どの化粧品が科学物質を 使うのには、それなりのメリットがあるからです。 主な理由をいくつか挙げてみると、 *均一な品質のものを安価で大量に造る事ができる 化学成分には天然成分に比べて品質にバラつきがありませ...