ようこそ! 「無添加化粧品ナビ」へ
ポータルトップ >  無添加化粧品の選び方  > ボディケアアイテムの選び方


ボディケアアイテムの選び方

無添加化粧品でフェイスケアを頑張っていても、
ボディケアはつい二の次になってしまいがちです。

でも、夏場の湿しんや冬場の乾燥はやはり気になります。
そんな悩みも無添加化粧品のボディケアで緩和するのが
いいと思います。

無添加化粧品メーカーのボディウォッシュは
合成界面活性剤も作用の穏やかなものを使ったり、
低刺激、皮脂を落としすぎない配慮の製品が目立ちます。
それじゃ夏場の皮脂は落とせるの?という疑問が湧きますが、
皮脂の奪いすぎは実は皮脂分泌過剰のもとなんです。
適度に落とすのが肌にとって良い環境をつくります。

そして、無添加化粧品のボディローション、ボディミルクは
どうしても必要な界面活性剤や合成ポリマーは作用の弱いものを
最小限に留める努力がなされており、天然の植物エキスや
天然オイルで肌を整える処方のものが多いです。
肌に負担をかけないための無添加化粧品ならではの配慮です。


また、美容オイルでのケアを勧めているのも無添加化粧品
ならではの傾向です。有名なスクワランや、ホホバオイル、
ローズヒップオイルなどのアロマセラピーにも用いられる
天然オイルだけをお肌に直接つけるボディケアを勧め
それぞれのオイルの特性を生かしたケアを推奨している
無添加化粧品メーカーも注目ですね。

ハンドクリームもこれらに準じて、落ちにくいものより
落ちてしまうけれど皮膜感がなく、軽い感触のものが
安全性が高いです。
落ちてしまえばまたつければいい。こんな製品なら
子供にも使える安全さが特徴です。

リップケアに関しては、経口摂取の危険性もありますので
危険性が疑われる成分をなるべく避け、ミツロウはじめ天然油脂を
ベースにした製品が無添加化粧品ならではの優しさです。

使う肌の範囲が広いボディケアだけに、無添加化粧品で安心できる
品を探していただけたらと存じます。


▼▼ 全商品が、パラベンフリー・無香料・無着色・無鉱物油・アルコールフリーで安心! ▼▼