ようこそ! 「無添加化粧品ナビ」へ
ポータルトップ >  無添加化粧品の選び方  > 石けんの選び方


石けんの選び方

最近、無添加化粧品系以外でも石けんの良さが
再認識されています。
穏やかな洗浄力と、生分解性の高さが環境にも
優しいからでしょう。
無添加化粧品各メーカーから色々な製品が出ていますが、
その中から選びたいものはどんなものでしょうか。

*洗浄成分が「純石けん」であること

成分表示欄には、「カリ石けん素地」などと
記されている場合が多いです。つまり他の
界面活性剤が使われていないので、石けん本来の
洗浄力です。
ライン使いのコスメで他のアイテムに石けんでは
落ちない合成ポリマーが使われている場合は、
それを落とすために界面活性剤が配合されます。
これは固形洗顔料と呼ぶ方が正しいですね。
ということは、石けんを使う場合は他のアイテムも
無添加化粧品のシンプルな成分のものにするのが良いですね。


*タール色素、保存料不使用

石けんの色も楽しいですが、洗顔するものにタール色素が
入っているのは好ましくありません。
カラメルやハーブ、植物由来の天然色素なら問題ないでしょう。
また洗浄成分は石けんなのに、パラベンなど保存料が
使われたものがあります。これは長期間保存で変色など
製品の見た目の劣化を防ぎ、大量生産しやすい理由からです。

*化学合成の香料を使っていない

いわゆる「せっけんの香り」というのは合成香料によるものです。
石けんの原料である油脂の匂いを目立たなくするためです。
逆に無添加化粧品の石けんの香料として使われるエッセンシャルオイルなど
天然の香料は、香りの効果も期待できます。

せっかく無添加化粧品の代表、石けんをつかうならその良さを
十分に味わいたいですね。


▼▼ 全商品が、パラベンフリー・無香料・無着色・無鉱物油・アルコールフリーで安心! ▼▼