ようこそ! 「無添加化粧品ナビ」へ
ポータルトップ >  無添加化粧品の選び方  > ベースメイクアイテムの選び方


ベースメイクアイテムの選び方

無添加化粧品系のベースメイクアイテムには、
肌への優しさをアピールしたものが多いですね。
ではどういったものがより安心なのでしょうか?

まず、メイク下地に関しては、

*合成ポリマーの多い物を避ける

合成ポリマーが多いと、肌表面の質感がツルンと
整い、後から使うファンデーションののりが
良いのが特徴です。しかし合成ポリマーはただ
肌に膜を張っているだけなので、肌の状態が
良くなった訳ではありません。
むしろ肌の活動を妨げ、さらに落としにくいもの。
下地に関しては穏やかな成分で肌の保湿や保護を
するものを選びたいです。
意外ですが、ホホバなど天然のオイルを
下地にすると、過剰な皮脂分泌を抑えてくれます。
確かに、無添加化粧品で天然オイルはよく販売されています。


次にファンデーションに関しては、

*リキッドよりパウダリーがおすすめ

ファンデーションのタイプによって、一般的に

パウダリー<リキッド<クリーム

の順で、乳化の必要が高くなります。
無添加化粧品メーカーにクリームファンデがない傾向は
このためだと思います。
また液体の感触を良くするための合成ポリマーも
多くなります。もちろんパウダリーにも合成ポリマーは
よく使われますが、まだ一番少ないと言えます。
ちなみに合成ポリマー不使用のファンデーションは、
クレンジングもしやすいので、肌の負担を軽くできます。
また、タール色素の使用も避けたいですね。
無添加化粧品系メーカーのパウダリーファンデーションは
比較的安心なものが多いです。

いずれにしても、しっかりクレンジング等で落とすのが
基本です。
また、最近たよく見かける無添加化粧品でミネラルファンデーションと
いうものがあります。
これは天然鉱物色素だけを使った粉末状のファンデーションで、
乳化の必要がなく、基本的に保存料もいらないので、
石けん洗顔で落とせるのが特徴です。
無添加化粧品の穏やかなスキンケアと併せて、ぜひためしてみたい
アイテムです。


▼▼ 全商品が、パラベンフリー・無香料・無着色・無鉱物油・アルコールフリーで安心! ▼▼