ようこそ! 「無添加化粧品ナビ」へ
ポータルトップ >  無添加化粧品の選び方  > 基礎化粧品の選び方


基礎化粧品の選び方

無添加化粧品メーカで基礎化粧品を選ぶ場合の
コツとはどういうものでしょうか?
基礎化粧品は毎日使う、肌に直接つけるという面では
他の化粧品よりも慎重に選びたいですね。

無添加化粧品をうたっている以上、なるべく刺激の少ない
製品を選ぶべきでしょう。
低刺激という事は、保存料などの成分がシンプルなもの。
つまり、無添加化粧品は一般コスメブランドにある
高機能コスメより配合成分数が少ない傾向があります。

では、無添加化粧品メーカーの基礎化粧品で選びたいものの
基準としての主な要素は、

*タール系色素不使用
基礎化粧品の色素は見た目のイメージのためのもの。
刺激の少ない色素なら構いませんが、洗顔後の肌に直接つけて、
なおかつ長時間肌に乗る基礎化粧品に関してタール系色素を
使わない無添加化粧品が多いです。


*石油系合成界面活性剤不使用
石油系の合成界面活性剤には乳化作用や浸透剤としての効果が
強いものが多いです。
つまり、肌のバリアである皮脂を壊してしまうことが懸念されます。
そしてもし、基礎化粧品に有害性の疑われる成分が配合されていた場合、
その成分まで肌の内部に届けてしまうのは困ります。

*合成ポリマー不使用
合成ポリマーは、肌をふさいでしまいがちで、本来の肌機能を
阻害してしまう疑いがあります。
しかもその感触の良さから、肌の状態が改善されたと錯覚させてしまう
要素があります。
そして合成ポリマーは、強い洗浄力を持った成分でないと落としきれません。
そのために洗浄力の強い系合成界面活性剤との併用が必須となります。
肌を塞いで、洗浄力の強い洗浄料を使うというダメージの循環は
良くないですね。

すぐ目に見える劇的な効果をうたう製品よりも、穏やかな使い心地が
肌への負担は少ないです。
無添加化粧品で長くおつきあいできるものに出逢えるのが
理想ですね。


▼▼ 全商品が、パラベンフリー・無香料・無着色・無鉱物油・アルコールフリーで安心! ▼▼