ようこそ! 「無添加化粧品ナビ」へ
ポータルトップ  > 無添加化粧品で特に避けたい成分


無添加化粧品で特に避けたい成分

ここでは、化粧品に一般に使われている添加物の中でも、 その害が問題視されている、
できれば避けたい成分を紹介しております。

環境ホルモン様作用の疑われる成分

無添加化粧品、一般の化粧品類においても 環境ホルモン様作用のある成分が近頃問題となっています。 環境ホルモン様作用とは: 環境ホルモンという、体内で分泌されるホルモンの様な作用で 内分泌をかく乱すること。 子宮がん、乳がんの増加の原因とも言われ、突然変異性や催奇性が 疑われることもあります。 もちろん、摂取すると必ずそうなる訳ではなく、あくまで報告や 可能性があるという意味です。 環境などに配慮す...

発ガン性の疑いのある成分

無添加化粧品として販売されているものだけでなく、 一般の化粧品類においても特に避けたい成分があります。 ここではその中でも、発ガン性が疑われたり報告されている 成分について、簡単ですが種類別の一覧にしてみました。 各種たくさんの成分の中で、主な避けたいもののリストです。 *着色料: タール色素(青色○○号など) *酸化防止剤: ・BHT(ジブチルヒドロキシトルエン) ・BHA(ブチルヒドロキシアニ...