ようこそ! 「無添加化粧品ナビ」へ
ポータルトップ >  無添加化粧品とは  > 無添加化粧品の定義とは?


無添加化粧品の定義とは?

近頃、雑誌などのメディアや広告で「無添加化粧品」
という言葉をよく目にします。
ではどういうものが「無添加」なのか、何をつかっていないから
「無添加」なのか。

実は、これが無添加化粧品だ、という明白な基準が
現在のところ存在しないのが事実です。
えぇっ?!という気分ですが、一般に無添加化粧品として
販売されている商品にはおおまかな共通点、特徴があります。

*旧表示指定成分不使用
*石油系合成界面活性剤不使用
*パラベン不使用
*タール系色素不使用
*植物由来原料を使用
*石けん成分を使用

などの化粧品全般を指して「無添加化粧品」と
呼んています。


ただし、これら全ての条件を満たしていなければいけない、
というわけではなく、このうちのいくつかに当てはまることを
アピールしているものも多く出回っています。
「低刺激」「自然派」というイメージで販売しながら、実際には
使用成分が一般の化粧品とそれ程変らないものもあります。

例を挙げれば、「旧表示指定成分不使用」の場合。
かつて、化粧品に使用している場合、成分欄に表示を義務付けられていた
肌に刺激になる可能性のある102種類の成分(また別に詳しく説明いたします)
の事ですが、成分としてかなり近いものを使用していても、その102種類に
指定されていなければ「旧表示指定成分不使用の無添加化粧品」
として販売できます。

一方、天然原料を厳選し、合成成分としても作用の弱い成分を使用するなど
敏感肌や安全性に独自のポリシーを持ったメーカーもあり、
一言に無添加化粧品と言えども、その種類はとても広いといえます。


▼▼ 全商品が、パラベンフリー・無香料・無着色・無鉱物油・アルコールフリーで安心! ▼▼