ようこそ! 「無添加化粧品ナビ」へ
ポータルトップ >  無添加化粧品とは  > 無添加化粧品の種類 その①


無添加化粧品の種類 その①

無添加化粧品はこういうもの!という基準が明白にないという事を
ご説明いたしましたが、「無添加化粧品」として販売されているものには
安全性への考えの程度で、おおまかに2つに分けられると思います。
そのうちの1つについてご説明いたします。

雑誌での特集や、Web広告などでも目にする事の多い
通信販売などのメーカーに多く見られる種類です。
これらのメーカーの場合、

*旧表示指定成分不使用
*パラベン不使用
*植物由来成分使用
*無香料

基本的に以上の点などをアピールして「無添加化粧品」として
販売されているケースです。


例えば、上記の「パラベン」というのは、旧指定表示成分にもある
保存料の種類ですが、パラベンよりも毒性が弱いと言われる
フェノキシエタノールという保存料を代替使用することで、
旧表示指定成分不使用、低刺激の無添加化粧品としてPRする場合も
あります。
また植物由来成分を使っているというのは、肌に優しいイメージが
あります。
香料に関しては、合成の香料で肌、身体に影響が懸念されるものは
使わない、という考えです。

そうなると、無添加化粧品と謳っていても、実は普通の化粧品と
それ程違いがないんじゃないの?

そう思われる方もおられると存じますが、これらの商品のメリットには

*低刺激ながら使い心地が通常の化粧品に近い
*購入できる場所や方法が多く手にする機会が多い
*比較的安価である

などがあり、通常の化粧品からシフトしやすく、またこれを機に
添加物などに興味を持つことができることも多い、言うなれば
無添加化粧品の入門編的な存在の化粧品です。


▼▼ 全商品が、パラベンフリー・無香料・無着色・無鉱物油・アルコールフリーで安心! ▼▼