ようこそ! 「無添加化粧品ナビ」へ
ポータルトップ >  無添加化粧品を手作りする方法  > 手作り化粧品レシピ・ヘアワックス編


手作り化粧品レシピ・ヘアワックス編

無添加化粧品で洗浄力の穏やかなシャンプーなどを
使う場合、スタイリング剤も弱めの乳化剤の物を
使うのが望ましいです。

ここでは無添加化粧品でたまに見かける
ヘアワックス手作りしてみます。

*ミツロウの基本ヘアワックス

ミツロウ:5g
シアバター:150g
ツバキ油:5g

ミツロウとホホバオイルを耐熱容器に入れ、とろ火の
湯煎に掛けて混ぜながら溶かします。
冷めないうちに保存したい容器に移し、冷まします。

このレシピ、ケア効果の高さが無添加化粧品で人気の
シアバターとオレイン酸豊富なツバキ油を使ってみました。
ツバキ油の代わりにオリーブオイルでも良いですね。
髪につける量は、少しづつ様子を見ながらつけるのが
上手なスタイリングのコツです。


ちなみにミツロウを多くすると固いテクスチャになり、
オイルを多くすると柔らかくなります。
この辺が無添加化粧品手作りの個性です。
ただあまりオイルが多すぎると油っぽい感触に
なってしまったり、少なすぎるとシャンプーで
落としにくくなってしまいます。
ラベンダーなどの精油を5滴位加えて香りを付けても
良いですね。

このミツロウとオイルのコンビは無添加化粧品の
手作りでよく目にしますね。
クリーム、練り香水などにも応用できます。
では、次は水分と乳化させて伸びの良いヘアワックスを
作ってみましょう。

*なめらかテクスチャのヘアワックス
「ミツロウの基本ヘアワックス」の材料に加えて
精製水:15cc
植物性レシチン:3g


ミツロウとオイルとは別の容器に精製水を入れ、
同じ湯煎にかけ60℃位まで温めます。
溶けた蜜蝋とオイルに植物性レシチンを加え混ぜます(これをAとします)。
精製水の半量を(A)に注いでよくかき混ぜます。
さらに残りの精製水を少しづつ加えながら、よくかき混ぜます。

ちなみに、植物性レシチンは無添加化粧品によく使われる
天然由来の穏やかな作用の乳化剤です。


▼▼ 全商品が、パラベンフリー・無香料・無着色・無鉱物油・アルコールフリーで安心! ▼▼