ようこそ! 「無添加化粧品ナビ」へ
ポータルトップ >  無添加化粧品を手作りする方法  > 手作り化粧品レシピ・美容オイル編


手作り化粧品レシピ・美容オイル編

無添加化粧品ならではのアイテムに美容オイル
あります。
特に自然派志向の無添加化粧品メーカーから
販売されることも多く、天然油脂が主な原料です。
1つのオイル単体が主成分のものもあれば、数種類の
オイルをブレンドしたものもあります。

では、無添加化粧品手作りレシピ、美容オイル編です。

天然油脂には植物性、動物性がありますが、植物性のものが
多く出回っています。
無添加化粧品によく用いられるアロマセラピーでは、
エッセンシャルオイル(精油)を植物性オイル(キャリアオイル)
で希釈して使います。
精油それぞれに効果があるのはよく知られていますが、
キャリアオイルそれぞれにも成分によって効果や
感触が違います。
それらを組合せて、目的別の美容オイルができます。

なお、精油は1滴を0.05ccとしています。
キャリアオイルに対する精油の濃度は1%が上限です。
青色などの遮光ビンで保管してください。


*肌あれが気になる時の美容オイル
ホホバオイル:30cc
ラベンダー精油:6滴

抗炎症作用やビタミンEが豊富で、ニキビ肌にも使える
クセのないホホバオイルと直接肌にもつけられる数少ない精油、
ラベンダーの初歩的美容オイルです。

*乾燥が気になる時の美容オイル
スイートアーモンドオイル:30cc
フランキンセンス精油;3滴
ネロリ精油:3滴

肌に本来多く含まれるオレイン酸が豊富で、乾燥やダメージ肌に
効果のあるスイートアーモンドオイルに、フランキンセンスと
ネロリのスキンケア効果の高いコンビのブレンドです。
無添加化粧品にしては攻めのスキンケアですね。

*アトピーが気になる時の美容オイル
ボリジオイル:30cc
カモミール・ジャーマン精油:3滴
真正ラベンダー精油:3滴

アトピー肌に不足しがちと言われるγ-リノレン酸が豊富な
ボリジオイルに、アレルギーに有効なカモミール・ジャーマンと
真正ラベンダーの消炎作用を利用したブレンドです。
低刺激の無添加化粧品の化粧水の後の使用がおすすめです。


▼▼ 全商品が、パラベンフリー・無香料・無着色・無鉱物油・アルコールフリーで安心! ▼▼