ようこそ! 「無添加化粧品ナビ」へ
ポータルトップ  > 無添加化粧品を手作りする方法


無添加化粧品を手作りする方法

安心できる成分の無添加化粧品、自分で作れば
納得できる一品ができます。
ここでは手作りにあたっての知識、手作りレシピを
ご紹介いたします。

手作り化粧品レシピ・石けん編

無添加化粧品の代表、石けんも手作りすることが できます。 石けんができるプロセスを説明すると、 油脂と苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)などのアルカリ性の 薬品を混合していわゆる鹸化作用を起こさせます。 この時に、保湿成分として無添加化粧品でもよく使われる グリセリンも生じます。 しかし、油脂と苛性ソーダの配合率を計算したり、 苛性ソーダを使う際は直接手に触れないよう注意が必要で、 油脂と混ぜる時に刺...

手作り化粧品レシピ・ヘアワックス編

無添加化粧品で洗浄力の穏やかなシャンプーなどを 使う場合、スタイリング剤も弱めの乳化剤の物を 使うのが望ましいです。 ここでは無添加化粧品でたまに見かける ヘアワックスを手作りしてみます。 *ミツロウの基本ヘアワックス ミツロウ:5g シアバター:150g ツバキ油:5g ミツロウとホホバオイルを耐熱容器に入れ、とろ火の 湯煎に掛けて混ぜながら溶かします。 冷めないうちに保存したい容器に移し、冷ま...

手作り化粧品レシピ・美容オイル編

無添加化粧品ならではのアイテムに美容オイルが あります。 特に自然派志向の無添加化粧品メーカーから 販売されることも多く、天然油脂が主な原料です。 1つのオイル単体が主成分のものもあれば、数種類の オイルをブレンドしたものもあります。 では、無添加化粧品手作りレシピ、美容オイル編です。 天然油脂には植物性、動物性がありますが、植物性のものが 多く出回っています。 無添加化粧品によく用いられるアロマ...

手作り化粧品レシピ・美容液編

無添加化粧品でも多く販売されている美容液。 品質を安定させて量産するにはどうしても合成保存料が 使われがちです。 それなら、手作りの完全無添加化粧品で美容液を 作ってみましょう。 なお、冷蔵庫に保存して、10日以内に使い切るように してくださいね。 *美白効果が期待できる手作り基本美容液レシピ ヒアルロン酸:2~4cc(濃度はお好みで) ビタミンC誘導体粉末:小さじ半分 植物性グリセリン 5m...

手作り化粧品レシピ・クリーム、リップクリーム編

一般の化粧品だと添加物の多いクリーム類も 手作りなら確実に無添加化粧品を作る事ができます。 クリーム、リップクリームとも、基本材料は ミツロウ、ホホバオイルなどの天然油脂です。 ちなみにミツロウとはミツバチの巣から取れる天然油脂で 市販の無添加化粧品にもよく使われます。 *基本的なミツロウのクリームのレシピ ミツロウ:5g ホホバオイル:30ml 精製水:15ml(量を増やすと乳液ぽくなります...

手作り化粧品レシピ・いろいろな化粧水編

手作りの無添加化粧品の入門編といえば やはり化粧水です。 配合する成分もシンプルなものから、色々な 天然由来の有効な成分を添加するものまでレベルは さまざまです。 まずは、 *究極のシンプル手作り化粧水 精製水:100cc 無水アルコール:小さじ1(5cc) グリセリン:小さじ1(5cc) 材料全てを1つの容器に入れ、混ぜ合わせます。 アルコールで品質保持、グリセリンで潤い補給です。 無添加化粧品...

手作り化粧品について

私が無添加化粧品について調べていくうちに、 「自分で作ってしまえば、成分は確認できるから安心」 という考えに達し、手作りで自分だけの無添加化粧品を 作ることにしました。これがなかなか楽しいもので。。。 安心できる既製の無添加化粧品に好きなものを足したり、 材料を手作りコスメ材料のWebショップで1から揃えるもよし、 追求度合いの差はあれど、自分だけのお気に入りを作るのは ある意味無添加化粧品の究極...